読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとラボ

It works!

nginx + Unicorn で Rails3 を動かす

昨日、名古屋エンジニアずハッカソンに行ってきた(・∀・)

特にテーマは決めずに各々が好き勝手に開発する感じ。 @tacke_jpさんとかマイコンのスイッチ押すとTwitterに「へぇ」と呟くへぇボタン(懐)を作ってた。 ゆるい。

そんな中自分は何をしていたかというと、nginx + Unicorn + Rails3 の環境構築。 Apacheもいいけどさ、もっとほら、色々使えたほうが楽しいじゃん?ってことで。

下準備

今回はMacさんのVirtualBoxにCentOS6.3を乗っけて動かす。

まずは、後々必要になるっぽいライブラリを色々インストール。

# yum install gcc gcc-c++ openssl-devel zlib-devel pcre-devel sqlite-devel

ネットワークとかの設定は割愛。 あとは iptables の設定弄って80番ポートを空けておくくらいかな。

これで準備完了。

rbenv, ruby-build を導入

複数バージョンのRubyを管理できるツールrbenvを入れる。 別にrvmでもよかったのだけど、こっちのが楽そうだったので。

rbenv を CentOS 6.3 にインストール - 俺の成長日記

ぶっちゃけこの記事の通りにやったら出来た( ´_ゝ`) 詳細とか書いてもただの丸コピになってしまうので割愛。

ただひとつ、sudoersを弄るときにsecure_pathの行をコメントアウトしないとsudoしてもPATHが引き継がれなかったので注意。

Railsインストール

Railsを動かすときに必要なあれこれをインストール

# gem install execjs libv8 therubyracer sqlite3-ruby rdoc

今回JavaScriptエンジンはtherubyracerを使ってるけど、Node.jsがいい人はそっちをインストール。

Railsをインストール

# gem install rails
# rbenv rehash

動作確認

サンプルアプリケーションを作って動作確認。

$ cd (サンプルアプリケーションを設置したい場所)
$ rails new sample
$ cd sample
$ sudo rails s -p 80
````

ブラウザから確認 → (σ・∀・)σ 動いた!

動作確認したら[Ctrl+C]でRailsサーバを止める。

## nginxをインストール
最近流行りのWebサーバ、nginx。
でも今回はUnicornが色々やってくれるのでnginxにはリバースプロキシだけやってもらう。

yum install nginx

vi /etc/nginx/nginx.conf

(設定ファイルを編集する)

service nginx start

chkconfig nginx on

/etc/nginx/nginx.conf

user nginx; worker_processes 2; #マシンのプロセッサの数

error_log /var/log/nginx/error.log;

pid /var/run/nginx.pid;

events { worker_connections 1024; }

http { upstream unicorn-sample { server unix:/tmp/unicorn-sample.sock; #Unicornのソケット } server { listen 80; server_name uhyohyo90.com; #サーバ名 location / { if (-f $request_filename) { break; } proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr; proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; proxy_set_header Host $http_host; proxy_pass http://unicorn-sample; #upstramで指定した名前 } } }

## Unicornインストール
UnicornがRackアプリケーションサーバだからRailsが動く、っていうのはわかるんだけど、
そもそもRackアプリケーションとはなんぞやというのがまだよくわかってない(;´∀`)

### インストール

gem install unicorn

### 設定ファイル記述
さっき作ったRailsのサンプルアプリケーションのディレクトリに移動して、config/unicorn.rbを書く。

listen '/tmp/unicorn-sample.sock' pid '/tmp/unicorn-sample.pid'

### Unicorn起動!! (ノ´∀`)ノ

$ sudo unicorn_rails -c config/unicorn.rb -D

なんかうまくいかんときは rbenv rehash とか bundle install とかやってみるとできるかも

### 動作確認
ブラウザからアクセスしてRailsのWelcomeページが表示されれば成功( ´ー`)

## おしまい
文章にすると短いけど、これをエラーと格闘しながらやったら丸一日かかった...
時間が余ったら簡単なアプリケーションでも作ろうかと思ってたけどそんな余裕あるわけなかった

さて、次はRailsの使い方を覚えねば(`・ω・´)