読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほとラボ

It works!

zshで真っ黒な世界がカラフルに色づく話

zsh Advent Calendar 2014 14日目の記事です。

アニメ「四月は君の嘘」おもしろいですね。

公生 や かおりちゃん がカラフルな青春を謳歌しているさなか、 我々エンジニアは真っ黒な世界(ターミナル)で謎の文字列達と日々戯れているわけです。

我々の日常も、もっとカラフルにしていくべきではないでしょうか。

本題

というわけで、カラフルなヌマクローさんがターミナルを見守ってくれる zsh スクリプトです。(iTerm専用)

autoload -Uz add-zsh-hook

function numakuro-init {
  [[ -n $NUMAKURO ]] && return
  export NUMAKURO=0
  add-zsh-hook precmd numakuro-next
}

function numakuro-next {
  local numakuropath
  numakuropath="${HOME}/Pictures/numakuro/${NUMAKURO}.png" # 背景画像のパス
  osascript <<EOF
    tell application "iTerm"
      tell the current terminal
        tell the current session
          set background image path to "${numakuropath}"
        end tell
      end tell
    end tell
EOF
  export NUMAKURO=$(( ($NUMAKURO+1)%12 )) # 画像が12枚の場合
}

numakuro-init を実行すると、ターミナルの背景にヌマクローが現れます。

ご活用ください。

謝辞

クソの役にも立たぬ上、そもそも zsh ネタなのかどうかも怪しいネタ記事でサーセン(´・_・`)

以下に、大真面目に使っている zshrc と大真面目に書いた zsh 記事を載せておくので勘弁してください。

ちなみに、万が一「カラフルヌマクローの画像が欲しい」という物好きな方がおられましたら ご一報 ください。

zsh Advent Calendar 2014