ほとラボ

It works!

自宅回線の小型ONU化をした

f:id:hoto17296:20211123120154j:plain

YAMAHA NVR510 を買って以来、長らくやりたいと思っていた小型ONU化をついに実現できた。

小型ONUとは

一般的には NTT の光回線を契約した際に貸与される ONU はルータが付属する一体型 ONU で、多機能だがかなり大きい。ホームゲートウェイと呼ばれたりする。

f:id:hoto17296:20211123123106j:plain

NTT 西日本/東日本 では小型ONUというものを提供しており、光回線の利用者は (在庫があれば) 一体型ONUから小型ONUに切り替えることができる。

利用料金などが別途かかることはないが、切り替え時に工事費用 (1万円程度) が必要。

また、小型ONUに対応するルータは自分で用意する必要があり、ルータ側の設定は業者側ではサポートしてくれないため自分でなんとかする必要がある。我が家には YAMAHA NVR510 があるので小型ONUに対応していた。

小型ONUを導入するメリット

安くない工事費を支払ってまで小型ONUを導入するメリットは何かというと、一般家庭では特にない。

強いていえば

  • コンセントがひとつ空く (小型ONUは電源が不要なので)
  • 一体型ONUを設置していたスペースが空く

くらいだが、普通に考えて工事費に対して割に合わない。もはやネットワークオタクとしての自己満足でしかない。

申し込みから工事まで

我が家の回線は光コラボレーションで光回線とプロバイダをまとめて契約しているので、ONU も光コラボ事業者を介して貸与されている。

この場合、一体型ONUから小型ONUに切り替えたい場合は光コラボ事業者に問い合わせる必要があるが、事業者によってはそもそも小型ONUへの切り替えは対応してくれないことがあるらしい。そういうことを考えると、やはりインターネットは光回線とプロバイダで個別に契約した方が良いなと思う。

幸いにも我が家で利用している IIJmio ひかりでは切り替え対応をしてくれたので、在庫確認の上で工事日程を調整することとなった。工事日程は通常の光回線の開通工事などと同様で1ヶ月以上先になるので、余裕を持って申し込む必要がある。

というか小型ONUを郵送してもらって切り替え作業はこっちでやって一体型ONUを返送したらそれで終わりかと思ってたのに、工事する必要があることに驚いた。なんならマンションの管理会社に連絡して工事当日には共用部分 (MDF室) の鍵を開けてもらう必要があるとのこと。よくわからないけど色々事情があるのだろう。

工事当日

NVR510 の WAN 側のケーブルを抜いて、ONU ポートに小型ONUと光ファイバケーブルを挿したらおしまい...ではない。

インターネット接続と光電話は WAN (lan2) を使うように設定されているので、これを ONU (onu1) を使うように変更しなければならない。

PPPoE で IPv4 接続するだけなら GUI からポチポチするだけで出来るが、我が家は IPoE + DS-Lite で IPv4 over IPv6 しているので GUI からは設定できず、コマンドで設定変更しなければいけなかった。(v6プラスならGUI で出来るらしいが)

これがうまく設定できず、1時間くらいウダウダやってしまった。工事の人もはやく帰りたかったと思う、申し訳ない。

最終的にどうしたかというと、もともと WAN で動いていた config ファイルをテキストエディタで開いて「lan2」をすべて「onu1」に置換して config をインポートする、という単純なやつでうまくいった。もとの設定ファイルをバックアップ取っておいて本当に良かった...。

まとめ

特にメリットないけど、小型ONU化できて嬉しい〜〜〜

これから切り替えようと思ってる人は、工事の前にルータの設定はちゃんと確認しておきましょう。

車を買った

車を買った、というブログを書こうと思っていたのに様々に追われていたらすっかり3ヶ月が経ってしまった。

とにかく、車を買ったのだ。 マツダの CX-30 というやつ。

もともと軽のワゴンに乗っていたが、子供を遊ばすために頻繁に遠出するようになったので、もっとパワーがあって快適かつ事故にあってもぺちゃんこにならない強い車が欲しくなったのだった。

車を選ぶにあたって、そういえば車好きの id:shirakiya が昔「マツダの車づくりはなぁ」などとアツく語っていたのを思い出した。 当時は車に全く興味がなかったので彼が何を言っているのかほとんど理解できなかったのだけど、なんとなく「マツダというのは技術オタクっぽいメーカーなんだな」という印象は残った。車のことはわからんけど、技術オタクは信用できる。

こうしてマツダというメーカーに興味を持ち、調べていたら気に入り、紆余曲折あったものの最終的には CX-30 に決めた。

f:id:hoto17296:20210517012304p:plain

3ヶ月乗った所感としては、「た〜のし〜〜〜〜〜〜 (小並感)」

前述の通り車に関しては無知無知の雑魚なので「ディーゼルのトルクが」とか「ステアリングの反応が」とかそういうのは全然わからない。俺たちは雰囲気で車に乗っている。

しかしまぁ楽しい。 マツダがビジョンとして掲げる「走る歓び」というものは確かに体現されていると感じる。 今まで車を移動手段としてしか捉えていなかったはずの人間が、なんと「特に用はないけどちょっと遠回りしてドライブするか」などと言うようになってしまったのだ。

価値観を変える買い物というのはそう簡単にできるものではないので、高かったけど本当に良い買い物をしたのではないかと思う。

Nintendo Switch の不具合「Joy-Con ドリフト」に対処した

我が家の Nintendo Switch の左のジョイコンのスティックがなんかおかしくなったが、接点復活剤をシュッとやったら (少なくとも暫定的には) 直ったという話。

カーソルが勝手に動き回る不具合が発生

カーソルが勝手にぐりぐり動くのでジョイコンでは普通にゲームをプレイすることが無理になってしまった。

ドリフトという有名な不具合らしく、ググるといろいろ情報が出てくる。

  • アメリカやフランスでは集団訴訟を起こされていて保証が切れていても無償対応されるらしい
  • 日本では有償での修理対応しか行われていない
  • 不具合に対する根本的な対策はされておらず、新しいジョイコンでも発生する

などなど。

gigazine.net

アメリカの集団訴訟の際に提出された技術調査資料によると、ジョイコンのスティック部分の金属パーツの摩耗が原因とのこと。

まぁ我が家の Nintendo Switch は4年使っているものなので、ハードウェアが劣化するのも致し方ないという気はする。

接点復活剤による暫定的な対処

さらにググっていると「接点復活剤で直った」という情報が多々あったので、とりあえずシュッとホームセンターに行って「クレ556」を買ってきた。

KURE(呉工業) 5-56 無香性 70ml

KURE(呉工業) 5-56 無香性 70ml

  • 発売日: 2005/09/20
  • メディア: Automotive

※ 今回はクレ556の無香タイプを使ったが、「556の中でもプラスチックに使用できないものもある」「できればコンタクトスプレーの方を使ったほうが良い」など色々あるっぽいので注意事項を読みましょう。

5-56 シリーズ | 商品について | よくあるご質問 | 呉工業株式会社 f:id:hoto17296:20210429225045p:plain

で、使った結果。

直った、すごい。

原因が金属パーツの摩耗なので、接点復活剤は応急処置に過ぎないかもしれないけど、ひとまずこれで対処できるということがわかってよかった。

頻繁に再発するようだったらスティック部分のパーツ交換をしよう。

机選びで重視すべきは「高さ」

自分は身長 174cm 座高 88cm で比較的足が長いほうだと思うのだけど、足が長いと困ることがひとつあって「低い机を使うと足が天板に当たって邪魔」。

今まで自宅では一般的な (?) 高さ 70cm の机を使っていたけどこれがなかなかしんどくて、このリモートワークご時世も相まって高さ 74cm の机を買い替えた。

この机、ゲーミングデスク1ということで「モニタアームが付けやすい」とか「ケーブルの配線がしやすい」とか「奥行きが深くて作業しやすい」とか便利なところは多々あるけど、いちばん買ってよかったと思ったポイントは「高さ」だった。

すごい、足が当たらない! 快適!!!

正直机の高さだけでこんなに変わると思ってなかった。 もっと早く気づくべきだった。

こうなると会社の机も同じ高さにしたい。 しかし会社の机を勝手に置き換えるわけにはいかない。

そこで、

ホームセンターで端材 (30円) を買ってきて

f:id:hoto17296:20210302174118j:plain

こうして2

f:id:hoto17296:20210302174206j:plain

こうじゃ

f:id:hoto17296:20210302174109j:plain

(っ'ヮ'c)ウゥッヒョオアアァアアアァwww


  1. ゲーミングデスクという名前だがさすがに七色に光ったりはしない

  2. 最初はノコギリでギコギコやっていたけど、1カットでギブアップしたのでホームセンターに持ち込んで電ノコで切ってもらった。文明最高!!!

Tello でドローン入門した

「沖縄に住んでいるのにドローンで空撮しないのもったいないな?」となったのでポチった。

こいつ。

1万円ちょっとで買えるトイドローンで、入門機としてはかなり良さげ。

飛ばすときの注意

  • 飛行の際は法律による規制があるので注意が必要
    • 200g 未満のトイドローンは「航空法」の規制の対象にはならない (2020年10月時点)
    • トイドローンであっても「小型無人機等飛行禁止法」の対象になるので、空港や重要施設の周辺地域では飛行できない (2020年10月時点)
  • フル充電で飛ばせるのが15分なので、長く遊びたい場合は予備バッテリが必要そう
    • 天気のいい日にちょっと動画撮って遊ぶ程度なら要らない

Tello の操作感など

  • すごい軽い (80g)、重量のほとんどがバッテリなのではという軽さですごい
  • 飛ばすこと自体は簡単
    • スマホアプリで操作できて便利、コントローラ買わなくていい
    • 少しくらい風が吹いていても流されずに自動で滞空してくれるっぽい、すごい
  • 上手く撮るのは難しい
    • 風で流されて何かにぶつからないかを気にしつつ適切に操作しないといけない
    • 「被写体を中心に据えつつ、引きながら上昇する」みたいなよくある動画は練習が必要
  • 1回飛ばすたびに「オーバーヒート」と表示されて電源が落ちてしまった
    • 沖縄だから、というのはありそう
    • 少し時間をおけばまた起動するのでそんなに困りはしない

カメラはオモチャという感じ

  • マイクはついていないので音は拾えない
  • 画質は良くない
  • レンズ画角はそんなに広くない
    • (iPhone の広角レンズに慣れてしまったせいもある)
    • ドローン景色を撮るものなので広角だと良いなぁと思う
  • ドローン本体内で映像バッファを持っているわけではなく「映像を Wi-Fi でスマホに飛ばして届いたデータを保存する」という方式らしく、高く飛ばすと電波が弱まって映像も途切れ途切れになってしまう
  • 垂直方向の角度調整が出来ない
    • カメラは水平方向を向いていて、ドローン本体を簡単に傾けることは出来ないので、当然ではある
    • (高いドローンならきっとできるのだろう)
    • 「上昇しながら下にいる人を映す」とかできない
    • 風や移動で本体が傾くと映像も傾いてしまう

まとめ

1万円ちょっとで買えるオモチャとしてはかなり楽しいのでオススメ。

USB Type-C ケーブルの選び方

ひとまずこの2つの商品を見てほしい。

どちらも Type-C - Type-C コネクタを持つ USB ケーブルだが、価格に10倍以上の差がある。

なぜ同じ (ように見える) ケーブルでここまで差があるのか、説明できるだろうか?

最近はスマホにも USB Type-C ポートが搭載されることも増え USB Type-C という規格もかなり普及してきたが、その実さまざまな規格のケーブルが入り乱れており粗悪なケーブルも少なくない。ガジェットオタクでもない一般の消費者がこの状況で適切な購買行動ができるかというと、無理があると言わざるを得ない。

少しでも理解の一助となるため・・・というか自分がケーブルを買うときにワケワカメだったので、USB Type-C ケーブルを買うときに気にすべきポイントをまとめていく。

はじめに

今回は「Type-C - Type-C ケーブルの話」をする。

ポート側 (給電機器とか) の話とか Type-A - Type-C ケーブルの話とかはしない。 急速充電のプロトコルの話とかをし始めるともう収拾がつかなくなってしまう。

先にまとめ: Type-C to Type-C ケーブルの選び方

  1. USB-IF 認証を取得しているかを気にしよう
  2. USB PD で早く給電したい場合は 5A のケーブルを買おう
  3. 映像出力がしたい場合は USB 2.0 のケーブルを買うのはやめよう
  4. 通信規格が USB 3.x Gen 1 か USB 3.x Gen 2 かでデータ転送速度が変わるので、価格と速度とのトレードオフを考えよう
    • 安いからといってよくわからずに USB 2.0 のケーブルを買うのはやめよう
  5. Thunderbolt 3 に対応したケーブルを買うときは、長さや種類 (パッシブ/アクティブ) に気をつけよう
    • Thunderbolt 3 って何?という人は多分恩恵を受けないので気にせず普通の USB Type-C ケーブルを買えばよろしい

1. USB-IF 認証を取得しているか

USB Type-C ケーブルの粗悪品が出回りすぎたためか、USB規格推進団体 USB-IF は2019年から USB Type-C の認証プログラムを開始した。

この USB-IF 認証を取得しているかどうかは USB Type-C ケーブルを買う上でひとつの目安になるもので、どれを買ったら良いかよくわからない場合はとりあえずこの認証を取得しているケーブルに絞って考えたら良さそう。

2. USB PD 対応かどうか

実は「Type-C to Type-C ケーブルに限って言えば」PD 対応/非対応 という区別があるわけではなく、どのケーブルでも USB PD に対応している。ただしケーブルによって定格電流が異なり、給電能力に差が出てくる。

定格電流 給電能力
3A 最大 60W
5A 最大 100W

ノート PC などを早く充電したい場合は、5A のケーブルを選ぶのがよさそう。

3. 映像出力ができるかどうか

USB Type-C では、Alternate Mode という仕様を利用することでデータ通信だけでなく映像出力などを行うこともできる。しかし USB 2.0 のみ対応のケーブルは Alternate Mode に必要な信号線が存在しないため、映像出力はできない。

映像出力がしたい場合は USB 2.0 ではない (USB 3.x に対応している) ケーブルを買おう。

4. どの通信規格に対応しているか

USB Type-C ケーブルを選ぶ上で一番ややこしいのがこの通信規格。

そもそも「USB Type-C とはコネクタ形状の一種」だが、「同じ USB Type-C コネクタを持つケーブルであっても扱える通信規格が異なる」というのがややこしい。

通信規格 データ転送速度 補足
USB 2.0 最大 480Mbps MacBook に同梱されている Type-C ケーブルはコレ
USB 3.0 (旧称)
USB 3.1 Gen 1 (旧称)
USB 3.2 Gen 1x1
最大 5Gbps SuperSpeed USB のロゴがある
USB 3.1 Gen 2 (旧称)
USB 3.2 Gen 2x1
最大 10Gbps SuperSpeed+ USB のロゴがある
USB 4 Gen 3 最大 20Gbps
USB 4 Gen 3×2 最大 40Gbps Thunderbolt 3 互換

USB 3.x は全く同じ規格でも名称変更されることがあり、例えば「USB 3.0」と「USB 3.2 Gen 1x1」は全く同じ規格である。これもややこしい。USB 3.x の名称がややこしすぎたのか、次世代規格のUSB 4 からは「4.x」という表記にはならないようだ。USB 4 は 2020 年時点ではまだ普及していないので、通信規格としての USB は実質3種類しかない。

ケーブルを買うときは、3.1 とか 3.2 とかいう数字に騙されずに、Gen 1 か Gen 2 かを見極めて買おう。

USB 2.0 のみ対応のケーブルは安く販売されているが、Alternate Mode が使えないので「映像出力できなくていい」「最低限の通信と給電ができればいい」という場合以外では買わないほうがよさそう。

補足: USB 3.2 Gen 2x2 ってやつは?

上の表に記載されていない「USB 3.2 Gen 1x2」「USB 3.2 Gen 2x2」という通信規格もある。

これはデータ転送に使う SuperSpeed 信号線を2セット (4レーン) 使うことで通信速度が倍になるというものだが、ケーブルが USB 3.2 Gen 2x1 に対応していれば USB 3.2 Gen 2x2 の通信も行えるはずなので、ケーブルを買う際には特に気にする必要はなさそう。

補足: Thunderbolt 3 ケーブルって何???

USB Type-C ケーブルを調べているとよく「Thunderbolt 3 ケーブル」というのがよく出てくるが、これは何か。

Thunderbolt 3 も Alternate Mode を利用した通信プロトコルである。Alternate Mode を利用した映像出力では Display Port や HDMI といったプロトコルを喋っているが、Thunderbolt 3 では映像出力に加えて最大 40Gbps でのデータ通信も行える。

Thunderbolt 3 で通信を行うためには Thunderbolt 3 ケーブルが必要だが、Thunderbolt 3 ケーブルは USB 3.2 Gen 2x1 と後方互換性があるため、普通の USB Type-C ケーブルとして使うこともできる。ただしこれには例外があって、アクティブケーブルと呼ばれる種類の Thunderbolt 3 ケーブルは USB 3.2 Gen 2x1 に対応していない。

ケーブル種類 データ転送速度 補足
パッシブケーブル (1m未満) 最大 40Gbps
パッシブケーブル (1m以上) 最大 20Gbps
アクティブケーブル 最大 40Gbps USB 3.2 Gen 2x1 と互換性がない
Thunderbolt 3 Pro ケーブル 最大 40Gbps 価格がすごい (12,800円+税)

Thunderbolt 3 に対応したケーブルを買うときは、長さや種類 (パッシブ/アクティブ) に気をつけよう。

まとめ (再掲): Type-C to Type-C ケーブルの選び方

  1. USB-IF 認証を取得しているかを気にしよう
  2. USB PD で早く給電したい場合は 5A のケーブルを買おう
  3. 映像出力がしたい場合は USB 2.0 のケーブルを買うのはやめよう
  4. 通信規格が USB 3.x Gen 1 か USB 3.x Gen 2 かでデータ転送速度が変わるので、価格と速度とのトレードオフを考えよう
    • 安いからといってよくわからずに USB 2.0 のケーブルを買うのはやめよう
  5. Thunderbolt 3 に対応したケーブルを買うときは、長さや種類 (パッシブ/アクティブ) に気をつけよう
    • Thunderbolt 3 って何?という人は多分恩恵を受けないので気にせず普通の USB Type-C ケーブルを買えばよろしい

何を買えば良いのか

無難なやつをいくつか載せておく。

USB-IF 認証を取得していて、USB 3.x Gen 2 に対応していて、定格電流が 5A (最大 100W の給電が可能)。 Thunderbolt 3 が必要ないのであれば今のところコレを買っておけば困ることなさそう。

Thunderbolt 3 が必要ならこのへんが選択肢に挙がるが、少し高い。 コレは 1m 未満のパッシブケーブルなので、最大 40Gbps のデータ転送と USB 3.x Gen 2 に対応している。

www.apple.com

お金が有り余っているブルジョワはとりあえず Thunderbolt 3 Pro ケーブルを買っておけば間違いない。

参考リンク

pc.watch.impress.co.jp gigazine.net www.phileweb.com andmem.blogspot.com hanpenblog.com katsu-digi.com hanpenblog.com 8vivid.net

統計的仮説検定でクロバットVの封入率の偏りを暴く

先週発売されたポケカの新弾「ムゲンゾーン」の注目カードといえばこれです。

「デデンネGX」「ワタシラガV」などと並ぶ汎用カード。 確実につよい。 4枚は欲しい。

ええ、我が家では 3Box 買いました。(※ このツイートの後もう 1Box 買い足した)

しかし!
ノークロバット!!!

は?????

こんだけ買って出ないとかさすがに何かの間違いではないか。 ハッサムVは死ぬほど出たのに。

ちなみに同じく 4Box 買った同僚に聞いてもクロバットVは1枚しか出なかったとのこと。

合計 7Box も開けてクロバットVが1枚しか出ていないのは、果たして本当に偶然だろうか? もしや「汎用カードのクロバットVだけ封入率を低くしておけばたくさん買ってくれるじゃろ、ぐへへ」みたいなポケカ公式の思惑があるのではないか???

仮説検定をしてみる

というわけで、一応データ分析屋のはしくれとして、統計的仮説検定を用いて「クロバットVの封入率に偏りがあるかどうか」を考えてみる。

統計的仮説検定
データに基づいて何らかの仮説の真偽を客観的かつ合理的に判断するための方法。 仮説の設定、検定統計量の選択と算出、有意性の評価の3つの要素からなる。

23-1. 検定とは | 統計学の時間 | 統計WEB

詳しくはインターネット上にさまざまな解説があるので割愛するとして、さっそくやっていく。

まずはじめに前提となる条件を確認する。

  • 「ポケモンV」と言う用語にはポケモンVMAXは含まない 1
  • 「ムゲンゾーン」には 1Box あたりポケモンVは5枚封入されている 2
  • 「ムゲンゾーン」に収録されているポケモンVは8種類である

次に、仮説を設定していく。

  • 対立仮説: 「ムゲンゾーン」のポケモンVのカードの封入率には偏りがある
  • 帰無仮説: 「ムゲンゾーン」のポケモンVのカードの封入率には偏りがない

今回は「実際の観測値」と「帰無仮説の下における頻度の期待値(理論値)」との乖離を検定したいので、カイ二乗分布を用いた適合度検定を行う。

まず、前提条件より「7Box 開ける」=「ポケモンVを35枚サンプリングする」ことと考えられるので、標本数は  n = 35 となる。 このとき、「クロバット1が出る (観測度数: 1)」「クロバットV以外が出る (観測度数: 34)」の2つの属性について期待確率と期待度数を考えていく。

 i 属性  S_i 観測度数  ν_i 期待確率  p_i 期待度数  np_i
1 クロバットV 1 1 / 8 4.375
2 クロバットV以外 34 7 / 8 30.625

これをもとに、カイ二乗検定統計量を求める。

 \chi^{2} = \sum_{i} \frac{(ν_i − np_i)^{2}}{np_i}

(手計算は面倒なので Python でやっていく)

from scipy.stats import chisquare

# 前提条件
v_per_box = 5  # 「ムゲンゾーン」1ボックスあたりのポケモンV封入数
v_types = 8  # 「ムゲンゾーン」に収録されているポケモンVの種類数

# 事象
box = 7  # 購入したボックス数
crobat = 1  # クロバットが出た枚数

# カイ二乗検定統計量を求める
n = v_per_box * box
chisquare([crobat, n - crobat], f_exp=[n / v_types, n - (n / v_types)])

計算すると  \chi^{2} = 2.976 で、自由度1のカイ二乗分布を見てみると、今回の観測値が理論値とこの程度乖離する確率は 8.5% であることがわかる。 この確率は一般的に用いられる有意水準 5% よりも高く、帰無仮説は棄却されない。

結論として、「ポケモンVのカードの封入率には偏りがあるとは言えない」となる。

つまり?

ただ運が悪かっただけ ということです!!!

\( ‘ω’)/ウオオオオアアアーーーッ

ポケカ公式さん疑って大変申し訳ありませんでした。

物事を合理的に考えて判断するのは大切なことですね。 などとそれっぽいことを言って雑にまとめておく


  1. ポケカ公式用語としては VMAX は V の一種だが、V と VMAX はカードとしては別のレアリティであり、今回は VMAX については考える必要がないので忘れたい

  2. ポケモンVの封入率が 5枚/Box というのは例外があるかもしれないが、今回は固定ということにしておきたい